一人暮らし引越し費用

一人暮らしの引越し費用の相場と値引き方法

学生さんでも、社会人でも、一人暮らしをしている人は多いかと思います。もっと今より条件がいいところが見つかったからそちらに引っ越したいけど、引っ越しって大変だし、お金もかかるし……。

 

なんて、諦めてしまった人も中にはいるかもしれません。引っ越しについてよく分からないという人も大丈夫。今回は、一人暮らしの引っ越し費用について、5つご紹介します。

 

1.オフシーズンを狙え

引っ越しではある程度基本料金が決まっています。荷物を積むためのトラック代、荷物を搬出・搬入するための作業員の人件費、移動に必要なガソリン代や高速代です。これら基本料金を元に、業者が価格を決定する流れになります。

 

3月、4月など引っ越しハイシーズンなら価格は上乗せされ、オフシーズンで平日なら費用は安くなります。一人暮らしだと荷物が少なくなりますよね。そうすると、小さいトラック、少人数の作業員での引っ越しが可能なため、費用はぐっと抑えられます。

 

2.単身パックがおすすめ

一人暮らしの引っ越しには単身パックがおすすめです。単身パックとは、専用のボックスに入るだけの荷物を輸送してもらうシステムです。通常同様に荷物を搬出・搬入すると、価格が高くなってしまいがち。

 

単身パックの場合、専用ボックスごと他の荷物と一緒に輸送するので、トラックのチャーター代も人件費もかかりません。宅配便のようなイメージをしてもらえばいいかと思います。30キロ前後の移動なら、なんと1万円台〜の引っ越しが可能。それ以外でも3万円前後での引っ越しが可能ですよ。

 

3.荷物は少なく

荷物が多いと専用ボックスに収まらないことも。荷物はとにかく少なくしましょう。引っ越し先でも揃えられるものなどは捨ててください。捨てるのはもったいないと思う人は、リサイクルショップやフリマアプリなどで売るのも手ですよ。

 

4.見積もりは複数から

引っ越し費用を安くしたいなら、必ず複数の業者から見積もりを取ってください。引っ越し費用は価格の幅が大きいものです。見積もり額を比較して、なるべく安い業者に依頼しましょう。

 

5.見積もりサイト

安い代わりにサービスが不十分だったら……と不安になる人もいるかもしれません。総合的な評価を知りたいなら、引っ越し見積もり一括請求サイトがおすすめです。
無料で簡単に見積もりを取れますし、入力も一度だけなので、忙しい引っ越し時期でも安心です。値引き交渉でもお役立ち。他の業者の見積もりの方が安いと、それ以下まで下げてくれることもあります。特典を増やしてくれたり、サービスを手厚くしてくれたりする場合もありますよ。

 

いかがでしたか?一人暮らしでも簡単に引っ越しできます。以上のことを参考に、お得に引っ越しをしちゃいましょう!

 

単身向けプランの安さの秘密【徹底解剖】

単身向けのプランが通常の引っ越しプランよりも安いわけは、専用のボックスを用いるためです。専用のボックスに荷物を入れれば、あとはその他の荷物とともに運ばれて行きます。

 

これはつまり、一般的な引っ越しプランだと自分のためだけにトラックを出し、作業員の手を借りる必要がありますが、このような単身パックを利用すれば引っ越しのためだけに作業員やトラックを用いる必要が無いのです。ですので、3人家族や4人家族と言ったファミリーでの引っ越しには不向きで、単身向けならではのサービスになっているんです。

 

荷物が比較的少ない単身赴任の方や、大きな家具は新居で新しく買いそろえるという予定の学生さんなどに最適なんです。親元を離れて一人暮らしをするという時は必然的に新たに家具を買ったり、家具のついている部屋に住むこともあると思います。

出典:引っ越し裏ワザ

 

ですので、単身といえど荷物の量が多くなると言う人には適していません。一人暮らしで荷物が多くなると言う時は、通常の引っ越し見積もりの方が安価に済むかもしれません。引越し値引き術についてのサイトなどをみると有効な値引きテクニックなどを学ぶことができます。

 

値引き術サイト:引越し値引き 引越し見積もり値引き術.biz

 

このような単身向けのパック、プランの料金は、専用ボックスの大きさなどによって異なりますし、単身向けのサービスを出している業者は現在で大小問わず様々あります。さらにエリアなどによっても変動するため、一概にどの業者が安いという断言も出来ませんし、はっきりとした値段を提示するのも難しいとされています。

 

その人の荷物の量やエリアなど、見積もりを出してみなければ、おおよその額も出ないということです。電子ピアノなど特殊な荷物がある場合少し考慮が必要のなってきます。

 

参考:電子ピアノ引越し業者見積もり

 

ただし、一般的には週末よりも平日にする方が安価になり、3月4月は繁忙期で価格が高騰すると言われていますので、安価に済ませたい場合は時期に注目してみてください。

 

 

業者を選ぶ際は複数の会社に見積もりを出すのが良いかと思います。最近では無料でいくつかの業者に一括で見積もりが依頼できるサイトもありますので、活用してみてください。およそ3社か5社程度から見積もりをとって、比較するのがおすすめですよ。